宮崎カリタス修道女会
 

修道会

会のヴィジョン

創立者たち

写真で見る歴史

修道院分布図

私たちの活動

教会活動

社会福祉

教育

医療

召命

シスターへの道

召命・練成会

スモールクワイア

コンサート出演予定

活動報告

CD紹介

イエスのカリタス友の会

友の会とは

入会しませんか?

援助申請

感謝のお便り

活動報告

イベント

海外宣教

使用済切手

エコキャップ

家庭のきずな

今週の聖書朗読

いのちのことば

リンク

海外宣教

宣教地マップ

宣教地ニュース

メールde相談

お問い合わせ

活動報告

2011年5月17日更新

「第48回世界召命祈願の日」のミサに、聖歌隊として参列しました

 

 

2011年5月15日、復活節第4主日、私たちスモールクワイアは、東京カテドラル聖マリア大聖堂で行なわれた「第48回世界召命祈願の日」のミサに、聖歌隊として参列しました。この日のミサのテーマは教皇様の呼びかけによるもので、「地方教会における召命への働きかけ」。50名以上もの神学生たちが、東京教区や他の教区、修道会からも集まってきており、共に祈ってくださった信者さん方と一緒に、熱心にミサに与っていました。

「イエスがまず最初にしたことは、まさに彼らのために祈ることでした。 ―中略― まさにイエスの御父との親しい会話の結果として、弟子たちが召し出されたのです。」との、世界召命祈願の日にあたっての教皇様メッセージでも言われているように、私たちも、まず自らがよく祈り、そして共にミサに参加される方々がよく祈ることが出来るようにと、当日のミサのために練習を重ねてまいりました。

 

 

当日は、聖歌隊だけでも30名近くのシスター方が集まり、魂を込めて歌いました。ミサに参列していた神学生たちは、共に神への奉仕の道を歩く者として心に響くものがあったようで、特に「主よ、ここに私が。私に行かせてください…あなたの民のため、全てを捧げます」という曲には、深い感動を覚えていらっしゃったようでした。

ミサ後の一粒会主催の懇親会でも「Salve Regina」、「おそれないで」という歌を歌う機会をいただき、参加していた皆様に喜んでいただけたようでした。召命は「まさに生きておられる神との絶え間ない触れ合いと『収穫の主』に捧げられる深い祈りの実り」と言われているように、まずは召された私たちが熱心に祈ること、そして生活の中心である典礼の中で、さらによく祈ることが出来るように、祈りの歌を歌って行きたいと決意を新たに致しました。