イエスのカリタス修道女会
 

修道会

会のヴィジョン

創立者たち

写真で見る歴史

修道院分布図

私たちの活動

教会活動

社会福祉

教育

医療

召命

シスターへの道

召命・練成会

スモールクワイア

コンサート出演予定

活動報告

CD紹介

イエスのカリタス友の会

友の会とは

入会しませんか?

援助申請

感謝のお便り

活動報告

イベント

海外宣教

使用済切手

エコキャップ

家庭のきずな

今週の聖書朗読

いのちのことば

リンク

海外宣教

宣教地マップ

宣教地ニュース

メールde相談

お問い合わせ

活動報告

2018年1月9日更新




矢印続きを見る



これまでの活動です



矢印 [2018/1/9]  2017年12月19日~21日 東北被災地の復興を願う祈りの旅
スモールクワイアはカリタスジャパンの石巻ベースと米川ベースの活動に参加させていただきました。東京を出発する6時半過ぎに修道院のルルドで、まずは道中の無事を、そして、お会いするすべての方々に神様の慈しみ深い愛をお届けできるようにお祈りしました。道にも運転にも不安がありましたので道中も祈り、歌の練習をしながら常磐道を通って行きました。福島第一原発の近くになると設置された線量計も3マイクロシーベルトを表示していて驚きました。
 その時の模様(全文)をごらんください。  



矢印 [2017/1/6]  スモールクワイア「被災地でのクリスマスコンサート」
12月20~22日まで宮城県南三陸町にクリスマスのミニコンサートに行ってまいりました。初日は宿泊所になっている米川べースの近くの米川公民館でのコンサートになっていましたが、ベースに到着して五時ごろ防災無線で「米川公民館で7時からクリスマスコンサートがあります」との放送がされていて驚きました。
 その時の模様(全文)をごらんください。  



矢印 [2015/12/30]  スモールクワイア「南三陸町&奥松島クリスマスコンサート」
スモールクワイアは一年ぶりとなる東北へのクリスマスコンサートに行ってきました。この12月はこれ以外にも小学校でのクリスマスチャリティコンサート、医療刑務所・医療少年院、そして東京カリタスでのクリスマスコンサートがあり、メンバーがそろうことが難しかったのですが、2人が夜行バスで来て、その日のうちにまた夜行バスで戻ってくれる状況で参加してくれたので、多い時は9人で歌うことができました。
 その時の模様(全文)をごらんください。  



矢印 [2014/5/16]  スモールクワイア「福島炊き出し&コンサート」
イエスのカリタス友の会会員のある方から、自分たちが3教会合同で炊き出しを行うので、その余興でスモールクワイアに歌を歌ってほしいという依頼が来たのです。以前から炊き出しを兼ねてコンサートができればどんなにいいことかと考えていたので、このありがたいお話しに一も二もなく賛同いたしました。松戸・豊四季・亀有という3教会の信徒の方たちと、お互い都合のつく時期を調整して、この時期となりました。
 その時の模様(全文)をごらんください。  



矢印 [2013/12/20]  スモールクワイア「福島に行ってきました」
12月13日から15日にかけて、スモールクワイアは福島の被災地にてクリスマスコンサートを行なってまいりました。今までは南三陸や石巻を中心に活動してきましたが、(いつか福島にも歌を届けたい)という思いがいつも心の中にありました。昨年、超修道会の体験学習「福島いのちの旅」の企画に携わったこともあり、カトリック東京ボランティアセンター(CTVC)を通して、南相馬市にあるカリタスジャパン原町ベースを拠点に、いくつかの仮設住宅の集会所で歌を歌わせていただくことになりました。
 その時の模様(全文)をごらんください。  



矢印 [2013/6/21]  スモールクワイア被災地コンサートツアー
「また被災地に行こう」と奮起して1カ月の準備期間。以前はコンサート会場探し、宿泊所探し、アクセスの方法検索、ポスター・チラシ作りと、かなり準備に時間を要していましたが、土地勘が出てきたこと、現地の方々との連携でいろいろなことがスムーズに決まり、メンバーたちの宿泊場所を見つけるのも容易となり、話がまとまるのも早くなってきたと感じます。
 その時の模様(全文)をごらんください。  



矢印 [2013/5/11]  復興支援ふれあいフェスタに参加して
5月11日に広尾にある聖心インターナショナルスクールで被災地の復興支援を目的とするふれあいフェスタが行われ、ご依頼に応えスモールクワイアも歌を歌ってきました。はじめは野外ステージでという話でしたが、私たちはソロでマイクを使って歌うというよりも、合唱なので野外で歌うのは難しいと相談したところ、視聴覚室で歌うよう配慮していただきました。
 その時の模様(全文)をごらんください。  



矢印 [2012/12/23]  被災地クリスマスコンサートツアー
12月14日から17日にかけてスモールクワイアのメンバーは被災地に行ってまいりました。前回3月末に「春を待つコンサートツアー」に行って以来の7回目のツアーとなります。今回は9人乗り一台にシンセサイザーはじめ、寝袋、毛布などを積んで出発。雪道に備えてタイヤを変え、チェーンも購入して万全の態勢で臨みましたが、わたしたちの心配をよそに比較的暖かく(笑)、強風に少し悩まされたものの無事に行って帰ってくることができました。
 その時の模様(全文)をごらんください。  



矢印 [2012/10/2]  カトリック大和教会でのコンサート
9月30日(日)、カトリック大和教会でスモールクワイアのコンサートを行わせていただきました。この教会では以前にもコンサートをさせていただいたことがあるのですが、その後は何度かお声をかけていただいていたにもかかわらず、様々な事情でなかなか訪れることができていませんでした。それだけに信徒の皆さん方の期待は大きく、少し緊張もしましたが、待って下さっていた皆様を前に心をこめて歌わせていただきました。
 その時の模様(全文)をごらんください。  



矢印 [2012/9/14]  カトリック小平教会での敬老を祝うミニコンサート
9月9日(日)、カトリック小平教会では敬老を祝うミサが捧げられました。77歳以上がお祝いの対象だということで40名ほどの方々が招待席に案内され、教会共同体の温かいまなざしに包まれながら、これまで歩みを導いてくださった神様に感謝の祈りを捧げられました。
 その時の模様(全文)をごらんください。  



矢印 [2012/7/8]  「神奈川県カトリック保育連盟研修会の夜の集いでのコンサート」を終えて
神奈川県カトリック保育連盟研修会の夜の集いにおいて、幼稚園や保育園で働いておられる先生方や関係者の方を前に、スモールクワイアがコンサートをさせていただきました。聞いてくださる方々、そして携わっている子どもたちにまでいのちの尊さが伝わるように、また誰もが愛されていること、何より愛深い神様が共にいてくださっていること、その言葉が届くようにとの思いで歌わせていただきました。
 その時の模様(全文)をごらんください。  



矢印 [2012/4/30]  「世界召命祈願ミサin東京カテドラル」を終えて
2012年4月29日(日)は世界召命祈願の日にあたり、幸田司教様の司式のもと、東京カテドラル聖マリア大聖堂で召命祈願のミサが捧げられました。この集いは司祭の召命と養成のために心を砕いておられる一粒会主催のもので、昨年に引き続きミサの聖歌奉仕をスモールクワイアに担当してほしいとのお話をいただき、喜んで奉仕させていただきました。
 その時の模様(全文)をごらんください。  



矢印 [2012/4/3]  「春を待つ被災地コンサートツアー」を終えて
2012年3月23日から26日にかけて、9名のスモールメンバーが被災地に歌を歌いに行ってきました。東京では桜も咲き始め、春は間近という感じですが、震災から1年が経ち、いろいろな意味で春を心から待ち望んでいる被災地の方々に、歌をもって春をお届けしたいと願い、準備してきました。
 その時の模様(全文)をごらんください。  



矢印 [2012/2/20]  東日本大震災犠牲者追悼、復興祈願ミサ
2012年2月15日(水)、東日本大震災一周年を前に、犠牲者追悼と復興祈願ミサが、東京カテドラル聖マリア大聖堂にて行なわれました。この日は平日のミサでしたが、駐日教皇大使ジョゼフ・チェノットゥ大司教様をはじめ日本司教団の司式のもと、各国の駐日大使、一般の参加者が多く参列しておられ、大震災の犠牲者の追悼を願う心、1日も早い復興をと願う心が、終始、聖堂中に満たされていました。
 その時の模様(全文)をごらんください。  



矢印 [2011/12/16]  鷺沼教会チャリティーコンサートに参加
久しぶりに暖かい日曜日、私たちの心も温かくなるような、そんなコンサートでした。教会の子どもたち、隣接する幼稚園の園児たち、今年ワールドユースデーに参加したという青年たち、そして私たちスモールクワイアがそれぞれ歌い、最後には、大人も子どももみんな一緒にクリスマスメドレーとメサイアより「ハレルヤコーラス」で盛り上がりました。クリスマスの本来の意味、私たちの救い主の誕生を喜び合う、そんな雰囲気を感じることのできたコンサートでした。
 その時の模様(全文)をごらんください。  



矢印 [2011/12/7] 東京カリタスの家主催 カリタスパーティーに出演
不思議なご縁で今年初めてカリタスパーティーにスモールクワイアが出演させていただきました。このパーティーの歴史は長く、責任を取っておられる小宇佐神父様のお話によると、ダンスパーティーというものが謳歌していた当初、障害者たちにもパリッとしたダンスパーティーをさせてあげたいという意向で始まったとのこと、しかも宗教の枠にとらわれないためにあえて「カリタスパーティー」と命名されたということでした。
 その時の模様(全文)をごらんください。  



矢印 [2011/12/3] 南三陸町でのミニコンサート
私にとっては今年5月から5度目となる宮城県。今回はカリタスジャパン米川ベースのスタッフのご協力と寛大なご配慮のもと、2つの仮設住宅でのミニコンサート実現にいたりました。“何か出来ることで少しでもお力になりたい”“私たちがいつも心を一つに祈っていることを伝えたい”そんな気持ちで臨んだこのミニコンサート。今回は、去る10月8日に東日本大震災のためのチャリーティコンサートで一緒に出演したピアニストのお母さんの伴奏で、そして小学4年生のお嬢さんも、元気でかわいい歌やダンスで一緒に盛り上げてくださいました。
 その時の模様(全文)をごらんください。  



矢印 [2011/10/10] 東日本大震災 被災者支援 チャリティーコンサートを終えて
9月19日、私たちはオタワ愛徳修道会の来日50周年記念ミサが行われる東仙台教会をめざし、私たちスモールクワイアのメンバーは2台の車に分乗して出発しました。それは、記念ミサの後に行われる茶話会でミニコンサートを行うためでした。オタワ愛徳修道会と私たちのかかわりは、3.11の震災を通して築かれました。というのは、私たちが石巻の避難所で慰問コンサートをすることになり、9名のシスターズの宿泊する場所を探して途方に暮れていたときに、寛大に自分たちの居住スペースを開放してくださったことに端を発します。
 その時の模様(全文)ごをらんください。  



矢印 [2011/9/27] 第3回 被災地コンサート 旅リポート
10月8日(土)、イエスのカリタス修道女会管区本部修道院講堂において、“東日本大震災 被災者支援 チャリティーコンサート”が行なわれました。秋晴れの良いお天気にも恵まれ、様々な場所から、様々な思いで集った約300名が一つになり、共に被災地の方々に心を寄せ、彼らのために歌い、祈り、共に温かい時間を共有することができたことを、心から感謝しています。 その時の模様(全文)をごらんください。  



矢印 [2011/9/19] カトリック小平教会 敬老の日のミサとお祝いに参加
9月18日(日)カトリック小平教会において、主任神父様の古賀神父様と浜辺神父様の共同司式によるミサの中で、敬老の日の祝いが温かな雰囲気の中で行われました。77歳以上の36名の方が特別にご招待されていらっしゃいました。ミサ後日曜学校の子供たちの可愛らしい催しものに目を細めた後、私たちスモールクワイアは小平教会からのプレゼントとして、歌を4曲歌わせていただきました。
 その時の模様(全文)ごをらんください。  



矢印 [2011/9/8] カトリック二俣川教会のボリビアデーに参加
二俣川教会にてボリビアデーが行われるということで2年ぶりに行ってまいりました。ミサ開始の1時間も前から、教会の聖歌隊の練習が熱心に行われ、それにも参加させていただきました。子供ミサということもあって、教会は子供や大人であふれていました。2学期初めてのミサということで、久しぶりの再会を喜ぶ声が飛び交い、教会に充ち溢れる活気が伝わってきました。
 その時の模様(全文)をごらんください。  



矢印 [2011/7/15] 東日本大震災被災者慰問コンサートの旅リポート
5月の中旬、石巻の中学校でコンサートをし、多くの方が喜んでくださったことは以前このホームページでも報告させていただきました。そのあと、(今度はいつ行けるのだろう)と思いめぐらしていました。実は石巻でのコンサートの後、すぐにお話が来て、6月に行くことになっていましたが、いろいろな都合からキャンセルとなり、少々気落ちをしていたその日の夜、一般の電話から、新しい道が開けてきました。初めは、南三陸の志津川高校で炊き出しをした後 歌わせていただくということを考えていましたが、希望していた同じ日に、町内挙げての焼きそば大会が行われるということで、私たちは次なるところを探しました。そして、東京ボランティアセンターを通して紹介していただいたところが、今回の女川総合体育館です。 その時の模様(全文)をごらんください。  



矢印 [2011/5/28] 東日本大震災被災者慰問コンサートの旅リポート
大震災が起きて以来、ずっと願ってきたことがあります。それは歌による心の癒しの支援をお届けすることです。今まで、病院や老人ホーム、そして近年では医療少年院や刑務所で歌を歌わせていただきながら、歌とそれに込められたメッセージがいかに傷ついた人の心をいやす力があるかということ確信していました。しかしながら、震災の直後、水や食料、電気やガスといったライフラインを手に入れることで精いっぱいの時に、おそらく音楽に耳を傾けるなどといった心の余裕はなかったと思い、時が来るのを待っていました。 その時の模様(全文)をごらんください。  



矢印 [2011/5/17] 「第48回世界召命祈願の日」のミサに、聖歌隊として参列しました
5月15日、復活節第4主日、私たちスモールクワイアは、東京カテドラル聖マリア大聖堂で行なわれた「第48回世界召命祈願の日」のミサに、聖歌隊として参列しました。この日のミサのテーマは教皇様の呼びかけによるもので、「地方教会における召命への働きかけ」。50名以上もの神学生たちが、東京教区や他の教区、修道会からも集まってきており、共に祈ってくださった信者さん方と一緒に、熱心にミサに与っていました。 その時の模様(全文)をごらんください。