未来へむかって

モンテッソーリ教育をお子様に

幼稚園からのお知らせ

1月のバンビ組の予定
☆1月28日(火) 制作「鬼の帽子づくり」
2・3月のバンビ教室の予定をお知らせします
☆2月 4日(火)  絵本の読み聞かせ・自由遊び
☆2月25日(火)  絵本の読み聞かせ・自由遊び
☆2月28日(金)  ひな人形制作
☆3月10日(火)  絵本の読み聞かせ・茶話会
         今年度最後のバンビ組です。令和2年度に入園される方もどうぞ遊びに来てください。

☆彡 令和2年度入園される方の体験保育の日程 ☆彡
   ☆2月 5日(水) 9:00~10:30
   ☆2月15日(土) 入園説明会 13:30~15:00
   ☆3月 7日(土) 13:30~15:00

ようこそ大村聖母幼稚園へ

大村聖母幼稚園は

キリストの愛に倣い、一人ひとりの存在が大切にされ、互いに受容しあい共に成長していく幼稚園です。

*太陽のように明るい子ども*
 基本的生活習慣を身につけ、物事に主体的に関わる子ども

*お花のようにきれいな心を持つ子ども*
 神様の愛や自然の美しさを感じる、創造性豊かな子ども

*いつも笑顔でごあいさつのできる子ども*
 自主的に友だちと関わる、社会性のある子ども


モンテッソーリ教育

自立心と社会性を養う

モンテッソーリ教育では3歳から6歳の幼児期を『感覚の敏感期』と呼び、子どもを観察する中で生まれたユニークな教具を用いて、子どもが自分の内面から可能性を引き出す実践と理論を考案し提唱しました。子どもは「一人でできるようになりたい」という強い願いを持っています。モンテッソーリ教育では、子どものサイズに合わせた魅力的な教材を使い、納得するまで取り組み、自分の体の動かし方、身の回りの道具の使い方、身づくろいの仕方等を身につけていきます。子どもが自分の内面からの要求にあった教具を選び活動するとき、意欲や集中力が高まり、更に自信と喜びをもって、より困難度の高いものへ挑戦していくようになります。


もっと見る

共にいる

イタリア人司祭の聖ヨハネ・ボスコ(ドン・ボスコ)は青少年の教育に心を砕き、『共にいる(アッシステンツァ)』ことで、子どもたちの心身の成長に寄り添う『予防教育』という考え方を示しました。これは、ただ先回りして、障害から子どもを守る、という消極的な意味ではなく、子ども自らが自由に善いものを選び取っていけるように“慈愛・道理・信仰”の精神で関わっていくことです。


心の教育

モンテッソーリ教育

教具を使って「おしごと」に集中している子どもを見ると、なにか神聖な雰囲気さえ感じられます。異年齢保育・横割り保育を行うことで社会性と自立心が養われ、明るく優しい子に育ちます。

続きを見る

ドン・ボスコ教育法(予防教育法)

予防教育法は子どもたちを愛しぬいたドン・ボスコが行った。教育法で、共にいることを大切にし、子どもたちが「愛されている自覚」が持てるように関わります。

子育て支援

幼稚園バス・預かり保育等の子育て支援もありお仕事に復帰されるお母さまもいらっしゃいます。また、園庭・室内開放(バンビ組)保育事業(エンジェル組2歳児)や母親サークルでは保護者間での交流ができます。

心を育てる

門をくぐると、優しく微笑むマリア様がいらっしゃる、一人ひとりの命をお祝いする誕生会、世界の貧しいお友だちについて考えるおにぎりの日など、様々な行事があり、神様の愛をたくさん感じることができます。

続きを見る

つよい体

充実した遊具での遊び、運動遊び、週に1度の体操教室など体を動かす楽しさを味わいます。

大村聖母で始めるレッスン

本園では、英語教室、サッカー教室、絵画教室の課外教室(習い事)を行うことができます。卒園生としても継続して取り組めます。幼少期の習い事、お稽古事は豊かな情報を育みます。

せんせいの自己評価

毎日の保育を自己評価として点数化すると、現状とこれからの課題も見えてきます

95
清潔な保育室
90
環境設定
90
仲の良さ
95
教材づくり
85
職員研修
90
ほほえみ

幼稚園の生活

カトリック幼稚園である本園は、キリスト教の愛の精神に基づき、幼児一人ひとりを神様がら創られた存在として認め、その人格を尊重した全人的教育を目的としています。カトリックの教育は、「神様を愛する心」「優しさ・思いやり・我慢強さ」など周りの人々を愛する心を育てます。神様のお話を通して宗教的情報を養います。手を合わせて祈ることによって、子ども達は神様の存在を知り、全ての命の尊さを感じ始めます。

                           

一日のながれ

7:30~9:20
バスコース 順次登園(2コースが月毎にローテーション)
8:30~9:00
歩きコース 順次登園(登園後、出席カードにシールを貼る)
身支度
モンテッソーリ教育活動(モンテッソーリ教具・副教材を自由選択で体験し一人でできることを増やす)
9:45~
片づけ・排泄・当番活動(年長・年中)・読み聞かせ
10:00~
朝の集まり(朝の祈り・季節の歌・出席確認・先生のお話)
10:20~
主活動(基本は異年齢活動、同年齢の曜日や時間帯あり) 同年齢:英語・体操・マーチング・合奏・遊戯・絵画・園外保育 異年齢:音楽(歌)・遊戯(体操)・戸外あそび・室内あそび
12:00~
お弁当・給食 昼食後、戸外あそび、室内あそび
13:45~
バス1コース幼稚園出発 1コース準備 (13:35~)
14:00~14:20
徒歩コース 通用門でお迎え
15:00前後
バス2コース(最終)出発
  • 日曜日
  • 月曜日
  • 火曜日
  • 水曜日
  • 木曜日
  • 金曜日
  • 土曜日
monday
monday
tuesday
tuesday
wednesday
wednesday
thursday
thursday
friday
friday
saturday
saturday
Sunday
Sunday

モンテッソーリ教育

その具体的方法である「モンテッソーリ教育法」は、イタリアの女医であったマリア・モンテッソーリが、子ども達の観察から、発達や理解がゆっくりな子ども達のために考案した教具を使って、子どもが一人でできることを増やしていく教育法です。どちらも教育法の源は聖書にあります。

この幼稚園は、平成22年度より保育形態を縦割り保育(異年齢クラス)として、モンテッソーリ教育法を取り入れた保育を行っています。これにより、経験した者が、まだ経験したことのない者に伝え教えるという、年長者の年少者への思いやりの心が、ごく自然に育まれています。

ようちえんのせんせい

優しく優秀な先生たちが、お子様方を大切に育みます

年長児担当
芙美子、綾美、友紀
年中児担当
美生子、萌花、裕子、真紀
年小児担当
晴香、夏子、美穂、裕子
満3歳児・エンジェル組
由佳、暁子、直子、澄子、スイ子


ビジョン

大村聖母幼稚園は、キリストの愛に倣い、一人ひとりの存在が大切にされ、
互いに受容しあい、共に成長していく幼稚園です。
温かい家庭的な雰囲気の中で子どもたちは、神から創られ、愛されていることを自覚し、
自発的にのびのびと遊び、学びながら、心身の健康を養い、自立心と思いやりの心を育みます。
こうして私たちは、キリストの愛に満ちた幼稚園となるように、
家庭、地域との連携を深め、協力しながら、未来へ向かって歩んでいきます。

保育者のミッション

私たちはキリストの愛に満たされ、
聖ヨハネ・ボスコの精神に基づいて、
個々の発達に応じた援助を行い、謙虚な心で
子どもに接し、一人ひとりを大切にします。
私たちは、職員間の対話を深め、
共に資質の向上に励みながら、
地域・家庭との信頼関係を築き、
学びの場を広げ、子どもの自立心と社会性を育んでいきます。

園児のミッション

ぼくたち・わたしたちは、かみさまのあいのなかでおいのりをし
おともだちとなかよくげんきにおそび、
さいごまでやりとげるつよいこども、おもいやりのある
やさしいこどもになるようがんばります。

施設概要

一人一人を大切に 神さまといつもいっしょ

名称/所在地

  • 大村聖母幼稚園
  • (学校法人カリタス聖母学園)
  • 〒856-0027 大村市植松2-722-1
  • TEL. 0957-52-2048
    FAX. 0957-52-3190
地図はこちら

定員/補助活動

  • 定員 180名
  • 一年保育 60名
  • 二年保育 60名
  • 三年保育 40名
  • 満三歳児 20名
    年度によってクラス人数、クラス数は変更することがあります。

  • 預かり保育・子育て支援クラス・絵画教室 ・体操教室・英会話教室

年間行事

    4月 入園式 
    5月 母の日参観・春の遠足
    6月 ファミリーデー・園外保育
    7月 プール開き・夏祭り・お泊り保育(年長組)
    9月 幼稚園紹介・入園願書配布
    10月 運動会・聖母祭・芋掘り
    11月 七五三・感謝めぐり・観劇
    12月 クリスマス会
    1月 餅つき
    2月 節分(豆まき) ・お別れ遠足
    3月 お別れ会・卒園式

情報公開



保育事業

二歳児・満三歳児の保育、預かり保育について

問い合わせの多い件です。説明を準備中です。



沿革

1962(昭和37)年4月 宗教法人カトリック・カリタス修道会を経営母体として大村聖母幼稚園設置認可。 当時のカトリック長崎大司教区長 山口愛次郎大司教の要請によりカトリック植松教会の幼稚園として、宣教を目的として設立。
1985(昭和60)年7月 新園舎(現)新築落成。
1990(平成2)年8月 第2園舎 新築落成。
2008(平成20)年7月 中庭をクッションマット加工。
2010(平成22)年4月 学校法人 カリタス聖母学園に加入。サンシティ聖母幼稚園・カトリック・カリタス幼稚園・名瀬聖母幼稚園が姉妹園となる。モンテッソーリ教育を導入し、縦割りクラス編成に移行。
2011(平成23)年2月 創立50周年 記念式典挙行。
2012(平成24)年4月 大村聖母保育事業を開始。
2013(平成25)年4月 幼稚園6クラス 複数担任制となる。
2014(平成26)年8月 園舎改修 満3歳児クラス新設改修。
2014(平成26)年12月 幼稚園園舎改修 テラスから廊下へ改修(モンテッソーリ教育環境整備)。
2015(平成27)年8月 体育倉庫・駐車場フェンス・小動物ハウス・別館非常階段新設。
2016(平成28)年8月 スクールバス車庫改修新設。
2017(平成29)年4月 施設型給付の幼稚園へ移行。
2017(平成29)年7月 幼稚園スクールバス、ブランコ・太鼓橋遊具新設。
2018(平成30)年8月 6クラス床張替え

ご相談ください

0957-52-2048

現在〇歳ですが、幼稚園に入ることができますか?
  • 令和元年度
  • 年長・年中は5~6人入ることができます。
  • 年少・満3歳児は入ることはできません。
  • 令和2年度
  • 年長・・7名
  • 年中・・11名
  • 年少・・10名
  • 満3歳・・20名
  • 幼稚園に入るための経費はどのくらいかかりますか?
  • 施設設備費・・30,000円
  • 制服代・・・・約40,000円
  • 保育用品・・・約15,000円
  • 教育充実費・・2,300円
  • バスコースを教えて下さい
  • 2コースありおます。月ごとに代わります。
  • 紅コースは池田・諏訪・赤佐古・医療センター方面
  • 橙コースは古賀島・協和町・富の原・黒丸方面
  • 出発時間は7:30  2コース 8:30頃  園到着9:20頃
  • バス代・・・3,400円(往復) 1,700円(片道)
  • 預かり保育はやっていますか?
  • 保育日:14:00~18:00
  • 春・夏・冬休み
  • 持ち物:お弁当・水筒・帽子・私服
  • 料 金: 日払い(半日600円  1日1200円)
  • 月払い(6000円  14000円夏期8月のみ)
      大村市への手続きによって預かり保育も無償化の対象になります。
  • 給食はどのようになっていますか?
  • 月・水・金  曜日はお弁当給食
  • 火・木は手作りお弁当(家庭から)
  • 月の第一火曜日はおにぎりの日
  • 給食費は3500円です
  • 2歳児保育はありますか?
  • 行っておりますが、現在は定員いっぱいになっております。
      幼稚園・保育事業の願書は大村聖母幼稚園・大村こどもセンターにあります。