トップ -> 社会事業 -> このページ

木漏れ日が
ステンドグラスに吸い込まれ
キャンドルは小さな横顔 うつしてる
一瞬の静寂が子供たちをつつむ
カラン〜  カラン〜  カラン〜
シスターの鳴らす鐘の音が
青い空に透き通り
今日もやさしくつつみこむ



本園の特色と方針

 天使育児園ではカトリックの精神とドン・ボスコの予防教育法に基づき素直で明るく元気な子どもたちを育みながら家庭的な雰囲気の中で生活しています。

神さまからの恵を大切にし、明るく、喜びのうちに正しい生活を身につけ、心身の健全育成を図り、人間性豊かな社会人となるように育みます。

豊かな愛情と相互信頼
全てに納得のいく説明や指導
道徳性、宗教心を育む
これらをもとに、子どもたちが充分に愛されていると感じられる処遇を目指し、優しい人間に成長できるよう子どもたちと職員が一つになってがんばっています。
 子どもたち個々の意見や意志を尊重し、児童会という児童自治活動を通して施設運営にも反映されるよう配慮しています。

屋上に上ると
門司海峡が見える
紺碧の海に白い波が踊り
戸ノ上山から降りてくる風と出会う
貨物列車の汽笛と船の霧笛が響き合い
心地よい朝が始まる
天使育児園はそんな場所にたつ
小さな天使たちは ここで羽根を休め
飛び立つ時を待っている





児童は人として尊ばれる

児童は社会の一員として重んじられる

児童はよい環境のなかで育てられる



子育て支援事業

地域の子どもたちを一時的に預かる、子育て支援短期利用事業としてショートステイ、トワイライトステイ事業を行っています。

ショートステイ

・・・お家の方の病気・冠婚葬祭・出張・出産などの理由で、子どもの面倒を見ることが出来なくなった時、一時的に(一週間程度)子どもたちをお預かりします。

トワイライトステイ

・・・お家の方の仕事の都合で帰宅が遅くなる時など、お迎えに来られるまで一時的に子どもたちをお預かり致します。食事・入浴等も利用できます。




カリタスの園について

 この法人は昭和25年7月31日に財団法人カリタスの園として法人設立認可され昭和27年5月30日社会福祉法人として組織変更しました。
 事業開始は、昭和7年12月18日創立者アントニオ・カオリ師によって宮崎市に養老院を設立、戦時中のきびしいなかにも乳児より老人の総合の経営を続け、現在全国各地に乳児院養護施設、老人ホーム、保育所を設置経営しています。
 法人名「カリタス」(原語はラテン語で「愛」の意味caritas)の語は、創立者故アントニオ・カオリ師が宣教師として派遣される際、サレジオ会総長のはなむけのことば「人々の心に入り込むための唯一の手段は、愛徳である」に由来し、同師はこれを生涯にわたって生活と行動の支えとしました。
 創立者の死後、宮崎カリタス修道女会会員がその遺志を継いでいます。

 天使育児園は、昭和54年4月1日社会福祉法人カトリック社会事業協会よりその運営主体を社会福祉法人カリタスの園が事業継承し現在に至っています。



天使育児園ヴィジョン

天使育児園は
神様の暖かいまなざしに包まれ、一人ひとり、かけがえのない
存在として愛し愛され、大切にされる家族的共同体です。

子供たちは安心できる居心地のよい環境の中で、個性を伸ばし、
学力、体力、道徳心を身につけ、どんな時も、自分らしくたくましく
生きる勇気を養います。

こうして私たちは、地域社会を照らす光となるために、
関わるすべての人と協力しながら、日々、未来に向かって
共に成長していきます。

職員ミッション

○信頼のうちに良い人間関係を築き、職員間の連帯と地域との連携を深めながら、愛と笑顔があふれる共同体、心のふるさとを作ります。

○子どもが愛されていると感じることができるように、一人ひとりを愛して本気で関わり、こどもの立場で物事を考え、許し、受け入れる広い心を持った成熟した職員となります。

○子どもが、生命の尊さ、自分の良さに気づき、個性を伸ばすことができるよう、様々な場を提供し、温かいまなざしで見守り、励まします。

○こどもが自立した社会人になるため、自己決定、自己解決する力を養い、カトリックの精神に基づいて正しいことを選び取ることができるよう、宗教教育に力をいれます。

○変動する社会の中にあって、職員としての自覚と責任をもって、常に自己研鑽と専門的技術の向上に励みます。

園児ミッション

“One for All, All for One”
“ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために”

1.みんなの笑顔で天使育児園が光の家になるように、ビジョンに向かって一致団結し協力していきます。
2.マリア様に見守られて、祈りを大切にし、素直に謝ること、許すことのできる優しい人になります。
3.一人ひとりかけがえのない存在として命を大切にし、愛し愛されるような人間になります。
4.みんなが居心地の良い環境で安心して生活できるように、身の回りのものをきれいにし、規則やルールを守ります。
5.自分のことばかり考えるのでなく、譲り合いと思いやりの気持ちを持って生活します。
6.先生や周りにいる人、友達を信じて、励まし合い、支えあって、明るく元気に過ごします。
7.夢に向かって、小さなことからこつこつと、あきらめずに努力し、勉強にも力を入れます。
8.自分の個性を伸ばしながらも、自分の考えを押し付けずに、話を交わしながら相手を理解し、その人の個性を尊重します。
9.先生や人の話をよく聞き、自分で考え行動し、しっかり発言することで、自分らしくたくましく生きていく人間になります。
10.世界中の人が笑顔になれるような、戦争のない平和な世界を願います(目指します)。


社会福祉法人カリタスの園トップページへGO
イエスのカリタス修道女会日本管区